www.財布極小.com運営者情報

<革財布のお手入れ>

luxe(リュクス)の極小財布にも本革が多く使われていますが、革の財布が濡れたら、すぐに乾いたハンカチやタオルで押さえるようにして水気をとります。

直射日光の当たらない風通しの良いところに陰干しします。

ドライヤーなどで乾燥させるのは、革を変質させてしまうのでNGです。

ヒビが入ったエナメルの財布は、柔らかい布に保湿クリームを少しつけて拭いてから、乾拭きして仕上げましょう。

また、黒い革の財布は、バナナの皮の内側で全体をこすり、乾いた布で拭くと汚れが落ちますよ!

<第71回ベネチア国際映画祭>

私は映画が大好き。

第71回ベネチア国際映画祭の金獅子賞に輝いたのは、「ア・ピジョン・サット・オン・ア・ブランチ・リフレクティング・オン・エグジスタンス」でした。

この映画は、「吸血鬼のキバの入れ歯」や「笑い袋」といった古くさい面白グッズをまじめくさった顔で売り歩く男2人を軸に、カフェに乗り込んでくる華麗な衣装の騎馬軍隊、巨大な円筒の中で火にあぶられる黒人たちといったシュールな寸劇が、端正な構図で描かれます。

ずれたやりとりや気まずい間で、ゆるく乾いた笑いを誘ったが、下馬評はそれほど高くなかったんですよ。

「散歩する惑星」でカンヌ映画祭の受賞歴があるスウェーデンのロイ・アンダーソン監督にとって、三大映画祭の最高賞は初めて。

会見では赤ら顔に満面の笑みをたたえ、「最も影響を受けた映画はイタリアの『自転車泥棒』」と語りました。

また、「歴史あるベネチアの金獅子賞を得て、自分も映画の歴史の中に加わることができた。とてもうれしい」と語りましたよ。

本命視されていたのはドキュメンタリー「ルック・オブ・サイレンス」。

ジョシュア・オッペンハイマー監督が、インドネシアの虐殺事件を追った「アクト・オブ・キリング」の姉妹編として作った作品です。

虐殺の犠牲者の弟が加害者や遺族を訪ね歩き、体験を聞き出す様を撮りました。

前作ほどの衝撃度はありませんでしたが、虐殺が人々に残した深い傷をえぐり出し、審査員大賞に選ばれました。

コンペ終盤の話題をさらったのは、ロシアの重鎮アンドレイ・コンチャロフスキー監督の「ポストマンズ・ホワイト・ナイツ」。

湖畔の小さな集落を舞台に、郵便配達の中年男のささやかな恋をつづります。

主人公を含む出演者は、ヒロインを除き現地の住人といいますから驚きです。

「作為を加えず、彼らの生活をそのまま撮った。ロシアの観客が見ても、自分たちの毎日と同じだから面白くないかもね」と監督は半ばおどけて言ってますが、目にしみる森と湖の美しさ、深い詩情とほのかな哀感はいぶし銀の味わいです。 銀獅子賞(監督賞)を獲得しましたよ。  


■www.財布極小.com運営者:【Recommend Style】 横山
■E-mail:news1962online★yahoo.co.jp
 ※最近迷惑防止のため★を@の小文字に変更して下さい
■住所:東京都世田谷区

梨花さんをはじめ芸能人ご愛用【お洒落な極小財布】をご紹介します!のTOPページへ